ハムフェア2015にブース出展します!

大変長らく更新できずに申し訳ございません。

平成27年8月22日(土)23日(日)に東京ビックサイトで開催される「ハムフェア2015」に今年もJ-DINSはブースを出展致します。
ブース番号は、「J-34」。正面入口入ってすぐとなります。
みなさまのご来場心よりお待ちしております。

KANHAM2014ブース出展ならびにJ-DINS渡辺顧問講演について

7月19日(土)~20日(日) 大阪府池田市で開催される第19回関西アマチュア無線フェスティバル(KANHAM2014)にて、今年もJ-DINSは関西メンバーを中心にブース出展を行います。たくさんの方のご来場心よりお待ちしております。

また、同時に開催されるKANHAM防災シンポジウム「災害とアマチュア無線~阪神・淡路大震災から20年~」(参加無料)において、防災・危機管理ジャーナリストでNPO法人日本災害情報サポートネットワーク渡辺 実顧問(JE1XFW)が以下講演を行います。こちらも皆様のご参加心よりお待ちしております。

◇KANHAM防災シンポジウム「災害とアマチュア無線~阪神・淡路大震災から20年~」(参加無料)

※KANHAMホームページより抜粋

講演1 「阪神・淡路大震災から20年 ~忘れていませんか?都市型大震災と情報のありかた~」 

 防災・危機管理ジャーナリスト 渡辺 実

 3.11が発生してから津波ばかりに目がいっていますが、1.17阪神・淡路大震災から続く地震災害ばかりでなく豪雨災害も発生している日本で、都市型震災にも目線を置く必要性と、各種災害に伴う情報収集と伝達のあり方について危機管理の観点で講演いたします。

講演2 「コミュニティ放送局におけるアマチュア無線」

 「FMいかるアマチュア無線クラブ」会長 JA3YZ 田中 重之 氏

 大規模災害や地域災害発生時の情報伝達に、市町村から市民へのきめ細かい情報を伝えるコミュニティ放送局が注目されていますが、長年にわたり綾部市のコミュニティ放送局「FMいかる」とタイアップして、アマチュア無線の社会的認知度向上に向けて取り組んでこられた事例について報告をいただきます。

場所

 池田市民文化会館 小ホール

日時

 2014年7月19日(土) 15:00~17:00

<関連リンク>

・第19回関西アマチュア無線フェスティバル(KANHAM2014)

http://www.jarl.gr.jp/kanham/

http://www.jarl.gr.jp/kanham/?page_id=156  

・KANHAM2014防災シンポジウム

http://www.jarl.gr.jp/kanham/?page_id=355

11月10日非常通信訓練終了 – 報告2

訓練当日は本部局①を東京都西東京市のFM西東京局舎に置いて、サポートの東京電機大学千住キャンパス(東京都足立区)③と鳩山キャンパス(埼玉県比企郡)④とを結び、日本工業大学(埼玉県南埼玉郡)も初参加しました。

事前に、スカイタワー西東京アマチュア無線クラブ②からの事前呼びかけにより本部局周辺地域のアマチュア無線クラブが参加しました。

赤十字飛行隊群馬支隊によるヘリコプター視察には、群馬県赤十字飛行隊支援奉仕団と群馬アマチュア無線赤十字奉仕団がサポートをして地上との連携をおこないました。

各局から通信ログ、参加者の感想等が届きましたのでお知らせします。(公開のため一部割愛しています。ご了解ください。)

①J-DINS本部局(JQ1YRU) 通信ログ / 東京都西東京市 FM西東京局舎

http://www.machiken.co.jp/dlfiles/1-FMNTKY20131110.pdf

—***—

OP担当の東京電機大学二部無線部(千住キャンパス)部長JH1LHDより、訓練後に感想メールが届きました。

 (略)去年のFM立川局での運用に引き続き、非常時における無線の重要性を改めて実感することができました。特に今回は日本工業大学や電大千住キャンパスともつながり(※2012年度訓練は鳩山キャンパスのみ参加)、これだけでも首都圏をカバーできる無線のつながりは、非常時にかなり役立つのではないかと部員一同、非常時の運用について考えさせられました。(略)

—***—

② スカイタワー西東京アマチュア無線クラブ(JO1YCW) 通信ログおよび意見・感想/ 東京都西東京市 スカイタワー西東京

http://www.machiken.co.jp/dlfiles/2-NTKYAMC20131110.pdf

事前にスカイタワー西東京AMCが周辺地区のクラブへ参加を呼びかけてくれており、当日は多くのクラブが参加をしてくれました。実際の災害時には主軸となるであろうJO1YCWと各周辺クラブ局の通信記録のまとめです。

Cimg1139_2

③東京電機大学理工学部アマチュア無線クラブ(鳩山キャンパス)通信ログ / 埼玉県比企郡鳩山町

http://www.machiken.co.jp/dlfiles/3-TDUHC20131110.pdf

訓練当日は、西東京の本部局と鳩山キャンパス間の通信がうまくいきませんでした。鳩山キャンパスと千住キャンパス間での交信内容を、千住キャンパスと本部局とで共有するという連携をとりました。

④J-DINS本部局(JQ1YRU) WiRES 通信ログ / 東京都西東京市 FM西東京局舎

http://www.machiken.co.jp/dlfiles/4-WiRESecho20131110.pdf

広域視察のヘリコプターとの通信とともにWiRESも担当。

11月10日非常通信訓練終了-報告1

今回の訓練にご協力、ご参加いただきました多くの皆様、ありがとうございました。

当日は荒天が予想され、ヘリコプター出動については時間や飛行ルートを変更しての訓練実施となりました。

12:00 – 13:00 赤十字飛行隊群馬支隊ヘリコプター2機による偵察訓練

13:00 – 13:30 144.320MHz

13:30 – 15:00 433..320MHz

13:00 – 15:00 WiRES#0836Dルーム、D-STAR西東京430

以下、報告第一弾として本部局JQ1YRU/1の様子をご覧ください。

20131110a13

20131110a12
本部局は、FM西東京局舎の2Fエレベーターホール脇に設置しました。局舎は新青梅街道沿いにあります。この街道も大規模災害時は緊急輸送指定道路になります。http://842fm.west-tokyo.co.jp/

20131110a2
東京電機大学2部無線部JA1YQNから、本部局担当MCの左から玉木さん、稲垣さん、浅野さん。昨年訓練に続き引き受けてもらったので、十分な理解も加わります。

20131110a3
非常時を想定し、手書きで交信記録をとっていきます。この情報が、コミュニティFM局へ提供されます。

20131110a5
訓練企画の中心として采配にあたるJ-DINSのJF1CNR辻副理事長。赤十字飛行隊との交信、画像伝送、デジタル関係を担当。

20131110a1
MC担当のJ-DINSメンバーJA2VIJ/1渡辺さん(左)は、地元平塚市での防災訓練にも活かそうとデジタル関係をチェック。

20131110a6
茨城県結城ヘリポートから西東京へ向かうヘリコプターからの撮影静止画。アマチュア無線により1分程度で受信。

20131110a9
手の空いている人は屋上へ!FM西東京局舎屋上で旋回するヘリ(右上の影)へ手を振る。すこし青空がのぞいています。

20131110a10_2
FM西東京の電波を出力しているスカイタワー西東京(地上高195m)の上を旋回するヘリコプター。スカイタワー西東京アマチュア無線クラブJO1YCWも参加。

20131110a7_2
真下から見上げたスカイタワー西東京。夜はライトアップもあり、地域のランドマーク。
http://www.skytower195.com/more/index.html

20131110a4

非常時を想定し、機材に使用する電源を非常用電源に切り替える作業中。トラブル対処も着々とこなす3人。彼らの所属する東京電機大学二部無線部(千住キャンパス)、同大理工学部アマチュア無線クラブJN1YYG(鳩山キャンパス)、そして今年は日本工業大学無線部JA1YYEが訓練に参加。

20131110a11
当日は西東京市の市民祭り。FM西東京スタッフによる会場からのラジオ生中継にはFBサウンド田無店長を交えての訓練インフォメーションもはさんで。市民に知ってもらわなくては。

20131110a14
15時をメドに訓練終了。すぐにスタジオへ入り生放送に出演。左から、JH1LHD稲垣さん、JQ2WTT/1玉木さん、JE1XFE渡辺J-DINS理事長。FM西東京パーソナリティ大塚さんとともに、リスナーに向けて訓練の意義や当日の状況をお伝えしました。
当日の放送音源>> http://xfs.jp/jFs7V

 

20131110over_3

訓練、番組出演を終えて記念に1枚。左から、辻副理事長、電大の浅野さん・稲垣さん・玉木さん、宮田事務局長、渡辺理事長、渡辺メンバー、FM西東京の有賀社長、田無タワーの鈴木部長。おつかれさまでした。

当日の交信レポート、各持ち場からの報告は追ってお伝えします。

(記録JE1XFX)

11月10日(日)非常通信合同訓練 実施要項

ハムフェアの頃から告知しておりました今年の非常通信合同訓練<4>は、予定通りに実施します。

興味のございます方およびクラブ局はぜひご参加ください。ご参加に制限はありません。

今回は本部局を置く西東京市周辺の多くのクラブ局が参加予定のため、呼び出しに応えられない場合も予想されますが、なにとぞご容赦ください。

訓練実施の記念QSLカードを発行予定です。

詳細は以下のとおりです。先の<告知-1>も合わせてご覧ください。

■□■

J-DINS日本災害情報サポートネットワーク非常通信合同訓練<第4回>

【実施日時】

20131110日(日)13:00-15:00頃 *雨天決行

【訓練使用の周波数】

13:00-13:30 145.32MHz
1
3:30-15:00 433.32MHz
13:00-15:00 WiRES-#0836Dルーム、D-STAR 西東京430

*当日1230頃~ 訓練開始に向けてのテスト送信

*当日の電波状況により変更の可能性あり

【本部局 および 協力局】

本部局:JQ1YRU 日本災害情報サポートネットワーククラブ
(エフエム西東京 局舎 ADD.東京都西東京市芝久保)

JA1YQN 東京電機大学2部無線部(千住キャンパス)

JN1YYG 東京電機大学理工学部アマチュア無線クラブ(鳩山キャンパス)

JA1YYE 日本工業大学無線部 (宮代キャンパス)

JO1YCW スカイタワー西東京AMC / ㈱田無タワー

*ヘリコプターの出動について*

今年も上空からの広域被災視察(想定)訓練に協力、参加するのは社団法人日本飛行連盟に所属する<赤十字飛行隊群馬支隊>のヘリコプター2機。ヘリ機内から地上への無線は群馬県アマチュア無線赤十字奉仕団がサポートの予定です。

*天候により赤十字飛行隊(ヘリ)の出動中止の可能性あり

【訓練参加予定クラブ局】

朝霧アマチュア無線クラブ、東京5.56 グループ、清瀬アマチュア無線クラブ、 スカイフレンド59 グループ、草加アマチュア無線クラブ、ニブンノイチハチクラブ、 新座市アマチュア無線クラブ、小平市アマチュア無線クラブ

【訓練周知について】

ラジオでの周知

FM西東京番組「QRL(ポッドキャスト対応)での告知

117日(木)23:30-30min.

http://842fm.west-tokyo.co.jp/time_table.html

hamlife.jpでの周知

http://www.hamlife.jp/2013/11/06/jdins-exz-kunren/

紹介のサイトは9月時点なので、上記にて当日使用予定周波数をご確認ください。

【当日、FM西東京の放送では】

今回の訓練は、東京多摩地区西東京市のFM西東京に情報を収集するという想定です。

ラジオ番組内でも告知や事後レポートをお送りする予定です。

11:00-12:45 市民まつり会場からの中継の際に訓練告知をおこなう。

http://www.city.nishitokyo.lg.jp/event/bunkasports/bunka/matsurikaisai25.html

15:00-15:30頃 局から訓練後のレポートを放送予定(メンバー出演)

http://842fm.west-tokyo.co.jp/time_table.html

 

>>11月10日訓練告知チラシ(2013.10.28ver.)

 

「jdins2013111020131028ver.pdf」をダウンロード