11月10日(日)非常通信合同訓練 告知-1

ハムフェア2013への当J-DINS出展ブースでもお知らせしました、J-DINS第4回非常通信合同訓練について。

現在決定している実施内容です。諸事項は決まり次第、随時お知らせします。

クラブ局だけでなく、個人局参加も大歓迎です。

当日の使用周波数は実施日近くになりましたら調整いたします。

(以下、各写真は昨年9月30日に実施した第3回非常通信訓練時の様子)

■□■

実施日時:2013年11月10日(日)13-16時予定

本部局設置:東京都多摩地区予定

本部局コールサイン:JQ1YRU/1

Cimg1079

<訓練想定>

東京湾北部を震源とする首都直下地震発生、広域に停電の状況
(参考:首都直下地震等による東京の被害想定 平成24年4月18日公表)

Cai_0323

<目的>

地域のコミュニティFM放送局を主とする地域メディアが地域住民、被災者へ迅速・的確な情報を届けるための情報収集サポートをおこなう。そのための、参加団体の連携、情報の受発信状況および通信状況を確認する。

<今回のポイント>

・ヘリコプターによる上空からの想定被災状況の情報発信
・画像のやりとり

・複数県をまたぐ広域での連携

・複数団体での連携

Ja9421

<参加団体  予定・順不同 8月15日現在>
FM西東京、東京電機大学理工学部アマチュア無線クラブ、株式会社田無タワー、FBサウンド田無、スカイタワー西東京アマチュア無線クラブ、社団法人日本飛行連盟、赤十字飛行隊群馬支隊、群馬県アマチュア無線赤十字奉仕団、朝霧アマチュア無線クラブ、東京5.56グループ、清瀬アマチュア無線クラブ、スカイフレンド59グループ、草加アマチュア無線クラブ、ニブンノイチハチクラブ、新座市アマチュア無線クラブ、むさしのFM(協力)・・・続々、参加検討中。

Fm

コメントを残す