2月26日群馬県の訓練リポート

P2009_0226_112605 2月26日(木)午前9時~12時まで群馬県渋川市にて、群馬県赤十字飛行隊支援奉仕団・群馬県警航空隊連携訓練が行われました。群馬県アマチュア無線赤十字奉仕団にもこの訓練への協力依頼があり、メンバー間の繋がりで当J-DINSも立ち会わせていただきました。

先日立ち上げたばかりJ-DINS群馬支部(クラブ局JQ1YWN)の設立メンバーでもある辻さん(JF1CNR)が朝から参加、渡辺理事長(JE1XFW)は東京から朝に車を走らせて途中合流。

P2009_0226_121435 朝少し日差しの見えた渋川市内もそのうち厚い雲に覆われ、しかし風はなく、戸外で訓練しながらヘリコプターの姿を待つメンバーにとってはだいぶ助かりました。でも3、4時間も風よけもない場所で過ごすメンバーらは底冷えに耐え大変でした。(翌日は広く関東が雪になりました・・・)

P2009_0226_114056 訓練内容は、連携飛行訓練、赤十字業務用無線およびアマチュア無線による無線通信訓練、特設ヘリポートとなった芝をはったグランドを含む離着陸訓練および上空視察訓練、および人員・物資搬送訓練。

3箇所のヘリポートのうち、私たちのいた特設へリポート(大同特殊鋼㈱渋川グランド)にはヘリコプターが3機、赤十字飛行隊所有の1機と群馬県在住の個人所有2機の計3機が到着。ヘリコプター操縦者および地上部隊によって、離発着および飛行経過を無線で連携しました。実際にヘリコプターを飛ばしての訓練には頻繁に参加できないことから、できることできないこと、すべきこと、状況の確認などを行うことができました。

P2009_0226_113703 P2009_0226_113922 特設へリポートでの無線オペレータは、群馬県アマチュア無線赤十字奉仕団メンバーの吉田浩さん(JP1NNS)や大竹誠一さん(JG1MDY)らが担当。記録は主に田部井千圭広さん(JF1DPM)が担当。その横で、飛行軌跡をJ-DINS辻さんがPCで確認作業をすすめました。

P2009_0226_120457 P2009_0226_121613 間近でヘリコプターを見て触る機会もなかなかありません。ヘリコプター到着後は、操縦士に操作や機体について説明をしてもらい、記念撮影をするメンバー。J-DINSの3名も、記録の田部井さんに撮影していただきました。

各地区での訓練は定期的に行われていますが地域限定になっていること、他県などとの連携はないことについて、奉仕団のメンバーは「いいのかな」と疑問を持たれてもいました。

210226221 災害は予め想定された地域に限定されるものではありませんし、またその予想をはるかに超えた被害をもたらすかもしれないのが大災害であり、巨大地震被害です。J-DINSは地域間、各団体やクラブの橋渡しをしていく要にもならなくては!

訓練に参加された皆さま、お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

記・J-DINS功刀 JE1XFX

コメントを残す