Q10.災害医療、私にもできることがありますか?

A:災害は種類や大きさによって色々な場面が考えられます。広範囲な大地 震などでは消防や医療ではやりきれない多数の生き埋めやけが人が出ます。実際、阪神では生き埋めの80%は市民が救出しています。

市民に できることはたくさんあります。しかし災害をよく知らない個人の判断 で動くと自分が助けられる側にまわることもあり得ます。

消防や医療者 の指示に従って動くのがいいでしょう。また被災地の病院や救護所は猫の手も借たい状態になります。責任者の指示で動けばやることはたく さんあります。

(安田 清/NPO法人”災害・医療・町づくり”理事長 静岡県立総合病院副院長)

コメントを残す