活動案内

私たちの活動は、平常時と大災害発生時に大別されます。
平常時は、国民の防災力向上のために啓蒙活動に努めます。また、大災害発生時を想定した実地訓練を行い来たる事態に備えます。
大災害発生時は、通信・放送の専門チームおよびサポートメンバーを中心に、アマチュア無線家等の協力を得ながら、被災地での情報収集・発信活動のサポートを行います。被災者へより早く、より有効な情報を届けることを第一としています。

 

<平 常 時>

①災害発生を防ぐための啓蒙活動
防災・減災のための情報発信および講演会・イベント開催
防災・減災に関するFAQおよび情報交換/交流サイトの運営

②災害発生時を想定した訓練を行います
被災時の行動・活動マニュアル作成
想定被災地における実地訓練

 

<大災害発生時>
災害発生直後、必要に応じて可能な限り早急に被災現地へ通信・放送の専門家等で構成する先遣隊を送り込みます。現地で支援が必要な内容を把握し、アマチュア無線等を使って事前登録のサポートメンバーへ活動支援を募ります。自立できる資機材を持ったチームを編成して被災地へ入り、必要な情報支援活動を行います。

①被災者が早急に必要な情報の収集および提供支援
・本NPO法人情報支援本部を被災地に開設、アマチュア無線等によるネットワーク構築
・現地情報の収集・分析を行い、地域メディア(コミュニティFM局及びCATV等)への情報提供支援
②要請により、被災地内地域メディアへの運営支援
・災害時臨時FM局の開設支援
・ 地域メディアの運営機材、人的支援

 

→活動案内についてのQ&A →活動イメージ(PDF)