活動内容 Q&A

Q-1 日本災害情報サポートネットワークは、どんな目的のNPO法人なのですか?

A)来るべき大地震等の災害にそなえて国民の防災・減災意識の向上のための啓蒙活動と、大災害発生時の課題である『被災者へ役立つ情報を迅速・的確に届ける』情報支援を被災地で行うために設立されました。

 

Q-2 平常時は、どのような活動を行うのですか?

A)平常時には、公式ホームページなどでわかりやすく生命や財産を地震などの災害から守るための具体的なノウハウを発信します。防災・減災に関する最新情報の紹介や解説を公式ホームページに掲載します。同時に、これらの情報に関するみなさんからの質問に専門家がお答えします。
また災害時発生時に備えて、本NPO法人支援活動のマニュアルを作成し、仮想被災地で地域の行政やアマチュア無線、コミュニティFM放送局などと連携して訓練を行っていきます。

 

Q-3 大地震など災害が発生したときは、どのような活動を行うのですか?

A)本NPO法人は地震などの災害が発生したとき、第一に発災直後の状況情報の収集・分析を行います。その結果、被災地での情報支援が必要と判断した場合は、可能な限り早急に先遣隊を被災地へ送ります。そして、どんな支援活動が必要かを把握します。同時に、被災地での活動が可能な支援活動スタッフに事前登録している本NPO法人会員に対して、アマチュア無線などにより協力を募ります。この意思表示があった会員をコアに支援活動スタッフを編成して、無線機や発電機などの資機材や水・食料などの被災地で自立できる物資をもって被災地へ入ります。
被災地では、先遣隊とともに本NPO法人情報支援本部(以下 本部という)を適切な場所に開設し、どんな情報支援活動が被災地で必要とされてるのかを具体的に調査・把握します。同時に、アマチュア無線(本NPO法人基地局)を使用して、本NPO法人本部を開設した旨の通知と支援要請を行い、情報収集ネットワークを構築し情報収集活動を開始します。
被災行政から、災害時臨時FM局の開設支援要請があれば、その手続きや搬入した放送資機材によって早期に臨時FM局の開設支援を行います。
また、被災地内のコミュニティFM局が被災して放送機能やスタッフが被災しているなどの人的支障が発生している場合、要請があれば放送機能の復旧、放送送出などの技術的支援、およびアナウンサーやディレクターなど人的支援を行います。あわせて被災地に搬入した携帯ラジオを避難所などで被災者へ配布し、FM放送が受信できる情報環境整備の支援活動を行います

 

Q-4 被災地での情報支援活動とは、どんな活動を行うのですか?

A)アマチュア無線ネットワークなどから入ってくる各種情報を本NPO法人本部で収集・整理し、この情報を放送原稿にしてコミュニティFM局などのメディアへ届けます。
その際、本部スタッフの記者経験者やディレクター経験者がプロの目で情報のスクリーニングを行い、デマにつながるような情報や不的確な情報はこの段階で削除するなど、被災者が必要としている情報を的確に選別していきます。

 

Q-5 メンバー構成はどのようになっているのですか?

A)NPO法に基づいて①社員 ②会員 ③賛助会員から構成されています。詳しくは、<定款>をご覧ください。

 

Q-6 会員になるには、どうすればよいのですか?

A)基本的には本NPO法人の<設立趣旨>に賛同いただければ、誰でも、どんな企業、団体でも会員になることができます。とくに、アマチュア無線や業務用無線の資格を持った方、並びにリタイアメントされた放送関係者は、大歓迎です。詳しくは<入会案内>をご覧ください。